毛皮のお手入れ・保管方法

【お手入れ】
毛皮はホコリがつきやすく、そのまま放置しておくと毛抜けなどの原因になります。
着用後は、毛を傷めないように軽くたたき、ホコリを落としてください。
汚れが付着したまま保管されると、虫食いの原因となる害虫がつくことがあります。

【雨で濡れた場合】
カビの原因になる湿気は大敵です。ついてしまった水分を乾いたタオルで丁寧に
拭き取り、日陰干しで乾燥させてください。
皮部分まで濡れてしまったら、皮が硬化したり破けたりする原因にもなりますので、
お早目にご連絡ください。

【ホコリ・光対策】
蛍光灯や日光等の紫外線は、色やけの原因になりますので、保管される場合は、
通気性の良いカバーやバスタオルなどを掛けて保管してください。

【カビ・虫食い対策】
防虫剤も活用します。防虫剤は、2種類以上を同時に使用すると化学反応を起こし、
毛皮のシミの原因になる場合があるので、一種類を選んで使用してください。
除湿剤は、硬化の原因になる恐れがあるため、使用・保管には注意が必要です。

【型崩れ】
型崩れしないよう幅広のハンガーをご使用下さい。
マフラーやショールなども、防虫剤を入れて箱などで保管してください。

【毛皮のくせ直し】
毛皮に毛癖がついてしまったら、濡れたタオルで毛先部分を軽く濡らすか、霧吹きで
軽く水をかけ、手や金ブラシ等で毛並みを整え、日陰干しで自然乾燥してください。
※皮部分まで濡らさないようにご注意ください。

【コーヒーやジュースをこぼした時】
すぐにテッシュペーパーやハンカチなどで水分を吸い取ります。
次に、絞った蒸しタオルで、叩くようにして汚れを取ります。
糖分などが付着していると虫食いの原因にもなりますので、ご注意ください。

【クリーニング】
お近くのクリーニング店にクリーニングに出す場合は、「毛皮専用のパウダークリーニング法」
での対応が可能か確認してください。
パウダークリーニングとは、油脂分や色素の少ないカエデやトウモロコシの芯等から作られた
パウダーに洗剤を染み込ませ、毛皮と一緒に回転洗浄機にいれるもので、パウダーに汚れを
吸着させて取るソフトなクリーニング法です。